OCTA

by 塚越宮下設計

2019.05.31

著作権情報
表示
詳細を表示
  • 3Dプリンター
  • 木材

地域の角材と3Dプリントしたジョイントでできるユニット家具

角材の長さを調整しスツールやテーブルをつくったり、ユニットを反復してパーティションや棚をつくることができます。地域の木材活用の処方箋として考えられた八面体(octa-hedron)のユニット家具です。

SPONSORS

INSTRUCTION

Materials
3Dプリントしたジョイント 菱形 × 3個、五角形 × 3個
推奨フィラメント : PolyMax PC / polymaker
ノズル温度 : 260℃
積層厚 : 0.2mm
充填率 : 15%
60角の木材 長材 × 9本 、短材 × 3本
スツール : 長材 335mm、短材 115mm
テーブル : 長材 640mm、短材 320mm
好みの天板
※ 写真は 厚軽ボード 25mm厚 / AICA
皿木ビス M3 × 25 48本
Tools
  • 3Dプリンター
How to make
Step1: 素材を準備する

菱形と五角形のジョイントを3個づつプリントする。
長材9本と短材3本を切り出し、好みの天板を用意する。
※推奨フィラメント以外を使用した場合や、ジョイントが適切にプリントがされていない場合には十分な強度が確保できない可能性があります。ご注意下さい。

Step1: 素材を準備する
Step2: 組み立てる

菱形のジョイントの窪みにある穴から木口に向けてネジを2本ずつ締め、長材2本と短材1本を写真のように繋ぐ。同じパーツを3組つくる。

Step2: 組み立てる

先ほどつくったパーツの菱形ジョイントの空いた部分に、隣り合うパーツの短材がはまるように三角形をつくり、同様にネジを締めてパーツ同士を繋ぎ合わせる。その後、短材の裏からネジを締めて天板を取り付ける。

Step2: 組み立てる

残った長材3本を五角形のジョイントで同様に繋ぎひっくり返せば完成。
※ジョイントと角材を繋ぐネジがしっかりと締っていないと、十分な強度が確保できない可能性があります。ネジが締っているいることを確認の上、ご使用ください。

Step2: 組み立てる
完成
完成
Step3: 応用

複数のジョイントを一つの頂部に使い、八面体のユニットを水平方向や垂直方向に反復し、パーティションや棚をつくることもできます。

完成
完成
References

REPORT

ありがとうございます。レポートは事務局で精査した上で反映されます。

Submit

画像を追加

Comments

ありがとうございます。コメントは事務局で精査した上で反映されます。

DOWNLOAD